永久脱毛の副作用はあるのか

永久脱毛というのは、現在レーザー脱毛が主流となっています。レーザー脱毛のメカニズムは、レーザーが毛根に含まれるメラニンをとらえた上で破壊することでムダ毛が抜け落ちます。このことから分かるように、永久脱毛というのは、安全性が高いことが分かります。永久脱毛には基本的に副作用がないと言われていますが、色素沈着などの黒ずみによって火傷をしてしまうことがあります。

 

基本的に黒ずみや色素沈着がひどい部分は施術を避けるか、または美白を施すことで施術を行いますが、稀に施術を強行してしまうところもあります。万が一の時でも医療レーザー脱毛であれば治療を受けることができるので、安全性を確保したいのであれば多少高額であっても医療機関で施術を受けることをおすすめします。さて、副作用については先ほど殆ど無いと述べましたが、身体への影響から施術を避けたほうが良い時期というものが存在します。

 

妊娠中の女性に対しては、クリニック側が施術を断ることが定説となっています。レーザーが胎児に対して影響はないとは言い切れないので、訴訟に発展するリスクを避ける意味からも病院側が妊娠中や授乳中の女性に対しては施術を行わないことが一般的です。